shitekabunomiwakekata
【!!仕手株の見分け方!!】


仕手の手口は、

☆噂になることの無い様(株価や出来高に反映されない様)少しずつ対象銘柄を買っていく!
☆ある程度株数がそろったところでわかりやすく株を買い上げ株価をつりあげていく!
☆投資家が値上がりに乗ろうと買い始める!
☆十分に騰がった所で売り抜ける!

という流れになります。


チャートの動きから見た場合、仕手筋が購入するに当たっては買値が高くなることは当然好みませんので、その期間株価の上値が押さえ込まれるケースが多いようです。
チャートをみて、長期間にわたって株価(特に上値)がかなり狭いレンジで移動している場合、これも怪しいとは言えます。
また業績の良くない小型株が急騰した場合にはまさに仕手筋が株価上昇をさせ始めた、と見ることが出来ます。

以上はあくまでも一般論としての傾向を述べただけですので、例外は山ほどあります。株価が1,000円クラスでも仕手株とみて良いものも結構あります。
さらにこれだから仕手株、という明確なものなどなく、突然急騰する株は大なり小なり仕手株的な要素が含まれている、と考えても良いのではないでしょうか。

最後に、みなさん、仕手株で一山当てたいと思いませんか?
期待値がかなり高い銘柄をより多く事前に知る方法がココに書いてあります。
気になる方はチェックしてみてはいかがですか?